コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンギョ(金魚)(読み)キンギョ(英語表記)Carassius auratus auratus; goldfish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンギョ(金魚)
キンギョ
Carassius auratus auratus; goldfish

コイ目コイ科の淡水魚フナ(→フナ属)を原種とし,その変種をさらに飼育観賞用に改良してつくりだされた。中国では古く 1000年以前に飼育されていた記録があり,日本には 1500年代初頭に渡来したと考えられている。キンギョ基本形とされるワキン尾鰭が分岐し各鰭ともよく伸長したリュウキン背鰭を欠くランチュウ,頭部に肉瘤をもつシシガシラ,眼の突き出たデメキンなどをはじめ,これらの間の交配種や色変わりもあり,その品種はきわめて多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キンギョ(金魚)【キンギョ】

フナを観賞用に改良した飼育品種。原産地は中国。晋代に赤いフナが発見されたのが最初で,宋代から飼育され始めたといわれる。日本には室町時代に明から輸入されたのが始まり。交雑や突然変異の結果,多くの品種ができた。おもな特徴は,体色は赤や黄だいだいを基色とすること,鰭の形や長さが変化に富むこと,脊椎骨が前後に萎縮(いしゅく)して体形が変わっているものや頭部に肉瘤(にくりゅう)をもつものがあることなどである。孵化(ふか)直後は無色で,成長とともにメラニン色素が増加して青黒色となり,さらにこれが退色して成体に近い色となる。有名な品種はリュウキンデメキン出目金),ランチュウシュブンキンテツギョ鉄魚),オランダシシガシラ,ワキン(和金),キャリコ,チョウテンガン(頂天眼)など20余種ほど。観賞魚として最も一般的である。キンギョの養殖は,大和郡山市愛知県弥富市,東京都江戸川等が著名。欧米に輸出もしている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android