コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンギョ(金魚) キンギョ Carassius auratus auratus; goldfish

2件 の用語解説(キンギョ(金魚)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンギョ(金魚)
キンギョ
Carassius auratus auratus; goldfish

コイ目コイ科の淡水魚。フナ(→フナ属)を原種とし,その変種をさらに飼育観賞用に改良してつくりだされた。中国では古く 1000年以前に飼育されていた記録があり,日本には 1500年代初頭に渡来したと考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キンギョ(金魚)【キンギョ】

フナを観賞用に改良した飼育品種。原産地は中国。晋代に赤いフナが発見されたのが最初で,宋代から飼育され始めたといわれる。日本には室町時代に明から輸入されたのが始まり。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

キンギョ(金魚)の関連キーワードソウギョフナ黒鰱鉄魚白鰱コイ(鯉)フナ(鮒)ツチフキ(土吹)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone