コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キングクリップ

栄養・生化学辞典の解説

キングクリップ

 [Genypterus blacodes],[G. capensis].リングともいう.アシロ目アシロ科の海産魚で全長1.6mにも達する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キングクリップ
きんぐくりっぷ
kingclipling
[学]Genypterus blacodes

硬骨魚綱アシロ目アシロ科Ophidiidaeの海水魚。リングともいう。ブラジル南部からアルゼンチンにかけての南米大陸、南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリアに分布する。体は細長く、少し側扁(そくへん)する。背びれと臀(しり)びれは尾びれと連続し、尾びれの後端は丸い。目は大きく、楕円(だえん)形。上顎(がく)の後端は目の後縁を越える。両顎には絨毛(じゅうもう)状歯が発達し、外側に小犬歯が並ぶ。腹びれは目の中央よりも前方にある。体は赤桃色で、赤褐色の不規則な斑紋(はんもん)がある。全長160センチメートルほどになる。水深200~400メートルにすみ、タラ類、ソコダラ類、ニギス類、エビ類などを食べる。産卵期は8~10月。トロール網で漁獲される水産重要種で、チリ、アルゼンチンでは最高級魚である。日本にも輸入されている。肉は白身でよくしまり、切り身、粕漬け、惣菜魚などにされる。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キングクリップの関連キーワード水産物トレーサビリティー遠洋魚類

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android