コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンタマーニ高原 キンタマーニコウゲン

デジタル大辞泉の解説

キンタマーニ‐こうげん〔‐カウゲン〕【キンタマーニ高原】

Kintamani Plateau》インドネシア南部、バリ島北東部に広がる高原。バトゥール山とその火口湖であるバトゥール湖があり、外輪山を形成。標高約1500メートル。キンタマーニ、バトゥールなどの村がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

キンタマーニこうげん【キンタマーニ高原】

インドネシアのバリ島北西部に広がる高原地帯で、バトゥール山とその外輪山の一つのプヌリサン山やカルスト湖のバトゥール湖がある、標高1500mほどの風光明媚な高原リゾート・避暑地。観光スポットの古いヒンドゥー寺院が散在している。外輪山の尾根沿いにあるキンタマーニ村、バトゥールウタラ村、バトゥールトゥンガー村などのエリアがレストランなどのある観光拠点になっている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

キンタマーニ高原の関連キーワードウルンダヌバトゥール寺院ブサキ寺院トルニャントヤブンカ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android