ギャラップ世論調査(読み)ぎゃらっぷよろんちょうさ(英語表記)Gallup polls

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギャラップ世論調査
ぎゃらっぷよろんちょうさ
Gallup polls

1935年にギャラップによって設立されたアメリカ世論調査所American Institute of Public Opinionの世論調査をいう。ギャラップはアイオワ大学で心理学を専攻、36年にイギリス世論調査所British Institute of Public Opinionを、39年にはオーディエンス調査研究所Audience Research Instituteを設立した世論調査界の中心人物である。とくに、36年のアメリカ大統領選挙において、200万人のアンケートから43%の得票率でルーズベルトの落選を予測した有力雑誌に対し、割当て法(層化抽出法)によって選んだ2000人のサンプルから、ギャラップは54%の得票率で当選を予測したところ、結果は60%の票を得てルーズベルトが当選し、数は少なくても正確なサンプリングが行われれば母集団の特性がつかめることを実証したことは有名であり、これは市場調査や世論調査に多大の影響を与えた。[鈴木春男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギャラップ世論調査の関連情報