コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギヤマン 〈オランダ〉diamant/〈ポルトガル〉diamante

デジタル大辞泉の解説

ギヤマン(〈オランダ〉diamant/〈ポルトガル〉diamante)

江戸時代、ダイヤモンドを称した語。
《ガラスを切って細工するのにダイヤモンドを用いたところから》ガラス製品。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ギヤマン

江戸時代、ダイヤモンドのこと。
〔ガラスを切るのにダイヤモンドを用いたところから〕 ガラス、またはガラス製品の古風な呼び名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のギヤマンの言及

【ガラス工芸】より

…江戸時代になると,西洋ガラス製造の技術がおそらく中国を通じて長崎へ入ってきた。これらはビードロ,ギヤマンなどと呼ばれて人々に大いに珍しがられた。長崎で興ったガラス製造は大坂,江戸をはじめ各地にその技術が伝わったが,薩摩切子もその一つである。…

【薩摩切子】より

… 切子とはカット・グラスを意味し,薩摩切子のほかに江戸切子もあるが,後者は無色のカット・グラスで,江戸の加賀屋の天保年間(1830‐44)の引札(ひきふだ)(カタログ)には皿,蓋物,鉢などの食器のほか,切子でない金魚鉢,瓶などのガラス器も描かれている。なお,ビードロはポルトガル語vidroの,ギヤマンはダイヤモンドを意味するジアマントdiamantの,なまりである。ガラス【山崎 一雄】。…

※「ギヤマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギヤマンの関連キーワード川本半助(5代)ギュイユマン効果ダイヤモンド加賀屋久兵衛高田愛斗かげろう江戸時代ビードロ坂野茂ガラス林京子白詰草硝子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギヤマンの関連情報