コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彼処/彼所 アコ

7件 の用語解説(彼処/彼所の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あ‐こ【処/所】

[代]あそこ」に同じ。
「わしゃ―ではえらうきれるがな」〈滑・膝栗毛・五〉
[補説]現代でも京阪地方などで用いる。

あし‐こ【処/所】

[代]遠称の指示代名詞。場所を示す。あそこ。
「―に立てる何人ぞ」〈梁塵秘抄・二〉

あす‐こ【処/所】

[代]あそこ」の音変化。「また、―へ行こう」

あそ‐こ【処/所】

[代]
遠称の指示代名詞。話し手と聞き手の双方が承知している場所や状況、人などをさす。
㋐あの場所、または、例の場所。あすこ。「―に見える店」「また―で待ってるよ」
㋑あのような程度。あれほど。「―まで仲が悪いとは思わなかった」
三人称の人代名詞。あの人。彼。
「此の事―と少将ともろ心に」〈宇津保・嵯峨院〉

かし‐こ【処】

[代]遠称の指示代名詞。
話し手・聞き手の両方から離れた場所をさす。あそこ。「どこも彼処も満員だ」
「笑声嬉々として此処に起これば、歓呼怒罵乱れて―に湧く」〈独歩忘れえぬ人々
話の中にあげられた場所をさす。そこ。
「この山守(やまもり)が居る所なり。―に小童あり」〈方丈記

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あしこ【彼処】

( 代 )
遠称の指示代名詞。あの場所。あそこ。 「 -に籠りなむのち/源氏 若菜上

かしこ【彼処】

( 代 )
遠称の指示代名詞。
話し手からも聞き手からも離れている場所をさし示す。あそこ。 「ここ-にベンチが置かれている」
少し離れた所をさす。あちらの方。 「狼-に駆け廻つて/仮名草子・伊曽保物語」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

彼処/彼所の関連キーワード彼奴遠称近称指示代名詞何奴反射代名詞彼処ら此処許其処

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone