彼処(読み)あそこ

精選版 日本国語大辞典「彼処」の解説

あそ‐こ【彼処】

名〙 他称。話し手、聞き手両者から離れた場所を指し示す(遠称)。
(イ) あの場所。また、漠然とした場所や方向をさし、「ここ」と対比して用い、「あちこち」のにもなる。
平家(13C前)一「あそこにひかけ、ここに追っつめ」
※あさぢが(13C後)「あそこに燈台かしこに屏風など置きてありくを」
(ロ) 両者が了解し合える特定の場所をぼかしていう。例の所。
※夢を植える(1975‐76)〈清岡卓行〉バス停留所「そのかわり、あそこは、しだいに、痛いほど起してくる」
(ハ) 物事や事態の進展の度合をいう。「あそこまでしなくてもよい」

かし‐こ【彼処】

〘代名〙
① 他称。話し手、聞き手の両者から離れた場所を指し示す(遠称)。あそこ。
伊勢物語(10C前)九六「かしこより人おこせば」
※平家(13C前)一〇「ここにたたかひ、かしこにあらそひ」
② 他称。話の中で語られた場所を指し示す。そこ。
※阿波国文庫旧蔵本伊勢物語(10C前)八二「みなせといふところに宮ありけり。としごとのさくらの花盛りにはかしこへなんかよひおはしましける」
[語誌]平安時代に発生した語。上代の中称・遠称代名詞「そこ」が平安時代、中称にだけ使用されるようになり、遠称にはあらたに「かしこ」を用いるようになった。

あし‐こ【彼処】

〘代名〙 他称。話し手、聞き手両者から離れた場所を指し示す(遠称)。あそこ。かしこ。
※宇津保(970‐999頃)国譲上「あしこに待ちわたりなむとするを」
源氏(1001‐14頃)若菜上「あしこに籠りなむのち、また人には見え知らるべきにもあらず」
[補注]同義語「あすこ」は後に発生して共通語となるが、「あしこ」は上方などに方言的なものとして残った。

あす‐こ【彼処】

〘代名〙
① 他称。話し手、聞き手両者から離れた場所を指し示す(遠称)。あそこ。
※洒落本・廻覧奇談深淵情(1803)其四「あすこに見へるのは面(めん)かねへ」
② 両者が了解し合える、特定の場所を指していう。例の所。
※いつか汽笛を鳴らして(1972)〈畑山博〉三「本当にあすこへローソクはさむんだとよ」

あ‐こ【彼処】

〘代名〙 他称。話し手、聞き手両者から離れた場所を指し示す。あそこ。
※物類称呼(1775)五「あそこここといふを〈略〉京にてあこと云」

あっそ‐こ【彼処】

〘代名〙 「あそこ()」の変化した語。
※三体詩幻雲抄(1527)五「あっそこに青々と見へたは枝歟葉歟」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「彼処」の解説

あそ‐こ【処/所】

[代]
遠称の指示代名詞。話し手と聞き手の双方が承知している場所や状況、人などをさす。
㋐あの場所、または、例の場所。あすこ。「—に見える店」「また—で待ってるよ」
㋑あのような程度。あれほど。「—まで仲が悪いとは思わなかった」
三人称の人代名詞。あの人。彼。
「此の事—と少将ともろ心に」〈宇津保・嵯峨院〉
[類語]あすこあそこらあそこいらあちらあっち彼方かなた

かし‐こ【処】

[代]遠称の指示代名詞。
話し手・聞き手の両方から離れた場所をさす。あそこ。「どこも彼処も満員だ」
「笑声嬉々として此処に起これば、歓呼怒罵乱れて—に湧く」〈独歩・忘れえぬ人々〉
話の中にあげられた場所をさす。そこ。
「この山守やまもりが居る所なり。—に小童あり」〈方丈記

あ‐こ【処/所】

[代]あそこ」に同じ。
「わしゃ—ではえらうきれるがな」〈膝栗毛・五〉
[補説]現代でも京阪地方などで用いる。

あし‐こ【処/所】

[代]遠称の指示代名詞。場所を示す。あそこ。
「—に立てる何人ぞ」〈梁塵秘抄・二〉

あす‐こ【処/所】

[代]あそこ」の音変化。「また、—へ行こう」
[類語]あそこあそこらあそこいらあちらあっち彼方かなた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android