コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彼処/彼所 アコ

デジタル大辞泉の解説

あ‐こ【処/所】

[代]あそこ」に同じ。
「わしゃ―ではえらうきれるがな」〈滑・膝栗毛・五〉
[補説]現代でも京阪地方などで用いる。

あし‐こ【処/所】

[代]遠称の指示代名詞。場所を示す。あそこ。
「―に立てる何人ぞ」〈梁塵秘抄・二〉

あす‐こ【処/所】

[代]あそこ」の音変化。「また、―へ行こう」

あそ‐こ【処/所】

[代]
遠称の指示代名詞。話し手と聞き手の双方が承知している場所や状況、人などをさす。
㋐あの場所、または、例の場所。あすこ。「―に見える店」「また―で待ってるよ」
㋑あのような程度。あれほど。「―まで仲が悪いとは思わなかった」
三人称の人代名詞。あの人。彼。
「此の事―と少将ともろ心に」〈宇津保・嵯峨院〉

かし‐こ【処】

[代]遠称の指示代名詞。
話し手・聞き手の両方から離れた場所をさす。あそこ。「どこも彼処も満員だ」
「笑声嬉々として此処に起これば、歓呼怒罵乱れて―に湧く」〈独歩・忘れえぬ人々〉
話の中にあげられた場所をさす。そこ。
「この山守(やまもり)が居る所なり。―に小童あり」〈方丈記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あしこ【彼処】

( 代 )
遠称の指示代名詞。あの場所。あそこ。 「 -に籠りなむのち/源氏 若菜上

かしこ【彼処】

( 代 )
遠称の指示代名詞。
話し手からも聞き手からも離れている場所をさし示す。あそこ。 「ここ-にベンチが置かれている」
少し離れた所をさす。あちらの方。 「狼-に駆け廻つて/仮名草子・伊曽保物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

彼処/彼所の関連キーワード掻き手繰る・搔き手繰る何処も彼処も蹲む・躊む仮名草子人代名詞此処彼処其処彼処浮かれ者彼処らえら鹹し陪堂遠称点点

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android