コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギュイヨン夫人 ギュイヨンふじんMadame Jeanne‐Marie Bouvier de la Motte‐Guyon

世界大百科事典 第2版の解説

ギュイヨンふじん【ギュイヨン夫人 Madame Jeanne‐Marie Bouvier de la Motte‐Guyon】

1648‐1717
フランスのカトリック系の神秘家。病弱で精神的に不幸な少女時代を過ごすうち,真剣に神を求め敬虔な信心生活にあこがれるようになる。彼女は(1)祈りを通じ魂を浄化すること,(2)神の前では無に等しい自己のありのままの姿を見つめ,自己愛を完全に捨て去り,神の内なる真に自由な新しい生命を得ることがたいせつなこと,(3)そのためにはすべてを神にゆだねなければならないことを説いた。一時期ルイ14世の宮廷で熱烈な信奉者を得るが,彼女の説く信仰の純粋さがあまりにラディカルだったので,まもなくカトリック教会から迫害を受け,パリを追われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギュイヨン夫人の関連キーワードフェヌロンモリノス静寂主義

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android