ギョリュウバイ(英語表記)tea tree

世界大百科事典 第2版の解説

ギョリュウバイ【tea tree】

花木として,日本ではもっぱら鉢物で栽培される常緑小低木のフトモモ科花木。 ネズモドキ属Leptospermum(英名south‐sea myrtle)はオーストラリアを中心にタスマニア,ニュージーランドからマレーシア地域にかけて約30種が知られ,ウメに似た美しい花をつける種が多い。ほとんどの種は低木だが,高さ10mほどの高木になる種もある。花屋でギョリュウバイと名づけて売っているのは,レプトスペルマム・スコパリウムL.scoparium Forst.である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android