コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギリシア宗教(読み)ギリシアしゅうきょう(英語表記)Greek religion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシア宗教
ギリシアしゅうきょう
Greek religion

ギリシア人の祖先たちのゼウス信仰に先住民族諸神が融合して次第にゼウス中心の系統が形成され,ホメロスにいたって神々の物語が整理統合された。これに伴いオリュンポス 12神を主とする国家的宗教が確立し,神殿,祭司祭儀などが整備され,神占卜占が人事を決した。神人同格の擬人的多神教で現世的性格が強く,経典はない。一方,霊魂の不滅を信じる彼岸性の色濃い密儀宗教も前6世紀頃には広まり,ディオニュソス崇拝,オルフェウス教が隆盛をきわめた。後者は教義宗教の初めであり,ピタゴラス教団に影響を与えた。ポリスの衰退につれ個人的信仰,哲学的倫理的思索に傾き,キリスト教の普及とともに地方信仰に堕した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android