ギリシャ文字(読み)ギリシャモジ

デジタル大辞泉 「ギリシャ文字」の意味・読み・例文・類語

ギリシャ‐もじ【ギリシャ文字】

ギリシャ語を書き表すのに用いられる表音文字。前9世紀ころ、古代ギリシャ人がセム系の文字であるフェニキア文字を借用し、改良を加えてつくった。普通は24字。ローマ字ロシア文字もととなった。
[補説]ギリシャ文字24字
大文字小文字名称
Ααアルファ
Ββベータ
Γγガンマ
Δδデルタ
Εεイプシロン
Ζζゼータ
Ηηエータ
Θθシータ
Ιιイオタ
Κκカッパ
Λλラムダ
Μμミュー
Ννニュー
Ξξグザイ
Οοオミクロン
Ππパイ
Ρρロー
Σσ,ς*シグマ
Ττタウ
Υυウプシロン
Φφファイ
Χχカイ
Ψψプサイ
Ωωオメガ
*語末のみς、それ以外はσを用いる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「ギリシャ文字」の意味・わかりやすい解説

ギリシャ文字【ギリシャもじ】

ギリシア文字

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ギリシャ文字」の意味・わかりやすい解説

ギリシャ文字
ギリシャもじ

ギリシア文字」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android