ギンケンソウ(英語表記)Hawaiian silver‐sword

世界大百科事典 第2版の解説

ギンケンソウ【Hawaiian silver‐sword】

ハワイ諸島の一部に特産するキク科メナモミ族の大型多年草(イラスト)。特異な外観からハワイの象徴的な稀産植物として,厳重な保護のもとに置かれている。マウイ島とハワイ島の火山溶岩原にだけ生じ,とくにマウイ島ハレアカラ火山の火口中の群落が有名である。葉は長さ20~40cmで剣状,根もとから多数が密につき株全体は球状をなす。葉の質は硬く,先端が鋭くとがり,銀色の軟毛におおわれている。銀剣草の名はこの葉の形状にもとづく英名の訳で,現地名はヒナヒナhinahina。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android