コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンタカハマ ギンタカハマ Tectus pyramis; pyramid top

2件 の用語解説(ギンタカハマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギンタカハマ
ギンタカハマ
Tectus pyramis; pyramid top

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科。別名ヒロセガイ。殻高 8.5cm,殻径 8.3cm。殻は円錐形で厚質堅固,螺層は 12階。幼殻では螺層の周縁に短い管状突起があるが,下方の螺層へ次第に消失し,体層の周縁には角をめぐらす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ギンタカハマ

ヒロセガイ(広瀬貝)とも。ニシキウズガイ科の巻貝。大型で,高さ8.5cm,幅8.3cmに達するものもある。円錐形で殻表は幼貝の時は周縁に突出があるが次第に消失する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ギンタカハマの関連キーワード多板類頭足類軟体動物有肺類後鰓類前鰓類象水母石畳貝久保貝軟体類

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone