ギンタカハマ(英語表記)Tectus pyramis; pyramid top

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギンタカハマ
Tectus pyramis; pyramid top

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科。別名ヒロセガイ高 8.5cm,殻径 8.3cm。殻は円錐形で厚質堅固,螺層は 12階。幼殻では螺層の周縁に短い管状突起があるが,下方の螺層へ次第に消失し,体層の周縁には角をめぐらす。殻表には緑褐色の濃淡の斑がある。殻底は平らで銀白色,殻口は前下向きに傾く。外唇は角張り,軸唇はねじれて歯状突起がある。ふたは円形,飴色で薄く,多旋型。房総半島以南,熱帯太平洋に広く分布し,潮間帯下から水深 15mまでの岩礁にすむ。肉は食用にし,殻は貝細工に用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ギンタカハマ

ヒロセガイ(広瀬貝)とも。ニシキウズガイ科の巻貝。大型で,高さ8.5cm,幅8.3cmに達するものもある。円錐形で殻表は幼貝の時は周縁に突出があるが次第に消失する。殻表は緑褐色の濃淡の斑があり,殻底は白い。房総半島以南,インド洋・西太平洋の潮間帯付近の岩礁にすむ。食用。殻は貝細工の材料になる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android