コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クインケ管 クインケかんQuincke tube

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クインケ管
クインケかん
Quincke tube

音波の干渉を実験する装置。 1866年にドイツの物理学者 G.H.クインケが考案した。音波入口出口を2本のU字管I,IIでつなぎ,IIの長さは変えられるようにしておく。入口から音波を送ると,Iと IIに分れて進む。 IIの長さを調節してIと IIの長さが音の波長の整数倍になると,出口で音は強められ,半奇数倍になると弱められ,干渉の様子がわかる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クインケ管の関連キーワードプロシア=オーストリア戦争英学プロイセン・オーストリア戦争徳川家茂カッテンダイケキングシーボルト孫文ビッケルリカルテ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android