プロイセン・オーストリア戦争(読み)プロイセンオーストリアせんそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロイセン・オーストリア戦争
ぷろいせんおーすとりあせんそう

ドイツ統一の主導権を決定した1866年の戦争。普墺(ふおう)戦争、あるいは7週間の短期のため七週戦争ともよばれる。当時、ドイツ関税同盟の成立やフランクフルト国民議会のドイツ憲法制定の事業により、ドイツにおけるプロイセンの主導性はすでに強まっていたが、1860年代に入り、国王ウィルヘルム1世および首相ビスマルクはドイツ統一問題の軍事的解決を決意、国内では議会の反対を押し切って軍備拡張を断行。対外的にはイタリアの軍事援助の約束を取り付けたうえで、対オーストリア戦争に踏み切った。戦争の直接の契機は、シュレスウィヒ・ホルシュタインの処分をめぐるガシュタイン協定にオーストリアが違反したことを口実に、プロイセン軍がオーストリア領ホルシュタインに侵入した事件(1866年6月7日)である。オーストリアは、ただちにプロイセン制裁のための連邦軍の動員をドイツ連邦議会に提案、これが可決されると、他方プロイセンは、連邦の解体と新連邦創設を主張して全面対決。6月15日、オーストリア軍はハノーバー、バイエルンほか有力邦の、プロイセン軍はいくつかの北ドイツ中小邦とイタリアのそれぞれ支援を受け、戦端を開いた。
 戦局は、ケーニヒグレーツの戦いを境にプロイセン側の決定的勝利となって終わりを告げ、1866年8月23日プラハ条約が締結された。その結果、ドイツ連邦は解体され、プロイセンを盟主とする北ドイツ連邦が翌67年に成立、オーストリアを排除したドイツ統一事業が画期的前進をみるとともに、プロイセン国内の自由主義的反政府派の力が大幅に後退した。[末川 清]
『望田幸男著『ドイツ統一戦争――ビスマルクとモルトケ』(1979・教育社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のプロイセン・オーストリア戦争の言及

【普墺戦争】より

…ドイツ統一をめぐるプロイセンとオーストリアとの戦争。プロイセン・オーストリア戦争ともよばれる。ドイツでは1860年になお,35の君主国と4自由市に分裂しており,ドイツ統一への要求は切迫したものとなっていた。…

※「プロイセン・オーストリア戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android