コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クインケ Quincke, Georg Hermann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クインケ
Quincke, Georg Hermann

[生]1834.11.19. フランクフルトアンデアオーデル
[没]1924.1.13. フランクフルトアムマイン
ドイツの物理学者。ベルリン,ケーニヒスベルク,ハイデルベルクなどで学び,1858年学位を得た。ベルリン大学私講師 (1865) ,ウュルツブルク大学教授 (72) を経てハイデルベルク大学教授 (75) 。表面張力,光の反射,偏光の研究を行なった。 66年音波の干渉を実験する装置 (→クインケ管 ) を考案。液体の磁化率 (85) ,液体の誘電率 (83~88) の測定を行い,また電気浸透 (61) ,電歪 (80) ,磁歪 (85) の現象を研究した。

クインケ
Quincke, Heinrich Irenäeus

[生]1842.8.26. フランクフルトアンデルオーデル
[没]1922.5.19. フランクフルトアムマイン
ドイツの内科医。 1863年ベルリン大学卒業。 68年にクインケ徴候を記載。これは大動脈弁閉鎖不全症にみられる毛細管拍動をさすが,現在では亜毛細管性の動静脈叢の拍動によるものだといわれている。さらに 82年には血管神経性浮腫 (クインケ浮腫 ) に関する論文により広く注目を集めた。また 91年に腰椎穿刺法を案出し,生きた人間から初めて脳脊髄液を取出した。これは脊髄液の圧力を測定したり,髄液そのものを取出して調べることもでき,髄膜炎,小児麻痺,梅毒,脳腫瘍などの中枢神経系疾患の診断に大きな進歩をもたらした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クインケの関連キーワードケーニヒスベルクハイデルベルク自律神経失調症ウュルツブルクレーナルト血管性水腫血管性浮腫じんま疹ベルリン喉頭浮腫声門水腫浮腫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android