コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クウェドリンブルク Quedlinburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クウェドリンブルク
Quedlinburg

ドイツ中北部,ザクセンアンハルト州の都市。マクデブルクの南西約 50km,ハルツ山地の北麓,ボーデ河畔にある。 936年ザクセン大公により修道院が創建された。 1477年までハンザ都市。以後ザクセン選帝侯の保護下に入り,1698年ブランデンブルク領となった。農産物の集散地で,付近では種苗,花卉,テンサイの栽培が行なわれる。詩人 F.クロプシュトック (1724~1803) および地理学者 C.リッター (1779~1859) の生地。ロマネスク様式の聖堂をはじめ,中世以降6世紀間にわたって建てられた家並みが保存され,1994年世界遺産の文化遺産に登録。染料,精密機器,エンジンなどの工業も立地する。人口2万 7972 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android