コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クシイモリ warty newt

世界大百科事典 第2版の解説

クシイモリ【warty newt】

繁殖期のにはひれ状隆起を生じ,華やかな求愛行動を行うサンショウウオ科のイモリの1種(イラスト)。ヨーロッパ産イモリ属Triturusはすべて繁殖期の雄に,第二次性徴として美しい婚姻色とひれ飾を生ずる。とくにクシイモリは全長14~18cm,雌の最大は20cm余りで他種より大きく,繁殖期の雄には背面から尾部にかけて,正中線上に幅広い鋸歯状のひれ飾が発達し,腹面のオレンジ色も鮮やかとなる。本種は西はフランス,北はイギリス,スカンジナビア半島,東はウラル山脈に至るヨーロッパに広く分布し,平地から1000m級の山地までの森林にすむ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android