コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クスタリ kustari

1件 の用語解説(クスタリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クスタリ【kustari】

ドイツ語のKünstler(芸術家)を語源とするロシア語で,市場向けに工業製品を生産する小規模な経営者(とくに農民)をさす。1861年のロシア農奴解放からソビエトの1920年代にかけて,とくに中央ロシアにおいて広範に展開し,農民の日常的な需要にこたえるあらゆる種類の製品(家具,食器,農具,靴,衣料など)や工芸品を生産した。ナロードニキのなかには,これを農民経営のなかで工業と農業が結合した独特な形態,〈人民の生産〉とみるものがあったが,レーニンは,それを資本主義の未発達な段階の工業形態とし,クスタリからマニュファクチュア,さらに機械制大工業へという通常の資本主義的発展のコースがあると主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クスタリの関連キーワードグリムドイツ語西ドイツ芸術家統一ドイツクライ土壌積法則ドイ語関口存男藤田五郎(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone