コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クスタリ kustari

世界大百科事典 第2版の解説

クスタリ【kustari】

ドイツ語のKünstler(芸術家)を語源とするロシア語で,市場向けに工業製品を生産する小規模な経営者(とくに農民)をさす。1861年のロシアの農奴解放からソビエトの1920年代にかけて,とくに中央ロシアにおいて広範に展開し,農民の日常的な需要にこたえるあらゆる種類の製品(家具,食器,農具,靴,衣料など)や工芸品を生産した。ナロードニキのなかには,これを農民経営のなかで工業と農業が結合した独特な形態,〈人民の生産〉とみるものがあったが,レーニンは,それを資本主義の未発達な段階の工業形態とし,クスタリからマニュファクチュア,さらに機械制大工業へという通常の資本主義的発展のコースがあると主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クスタリの関連キーワードランク

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android