クズイルオルダ州(読み)クズイルオルダ(英語表記)Kzyl-Orda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クズイルオルダ〔州〕
クズイルオルダ
Kzyl-Orda

カザフスタン南部の州。州都クズイルオルダシルダリア下流部に沿った地域で,西はアラル海にのぞむ。カザフスタンで最も乾燥した砂漠地帯にあり,年降水量 100mm以下のところも少くない。7月の平均気温が 30℃をこえるところも多く,夏季高温を利用して,シルダリアから引いた灌漑用水によりイネ,コムギ,トウモロコシ,ウリの栽培が盛んで,牧羊も行われる。鉱工業部門ではアラル海沿岸の硫酸塩,食塩の採取,水産物加工 (缶詰) ,農産物加工 (製粉,皮革) ,製紙などの工業がある。州内の主要交通機関はアラル海の水運とシルダリアに沿って走る鉄道,ハイウェーである。住民の約3分の2が都市人口で,クズイルオルダ,アラリスク,ノボカザリンスクなどに集中している。面積 22万 8100km2。人口 66万 4900 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android