コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クズネッツ・サイクル Kuznets cycle

翻訳|Kuznets cycle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クズネッツ・サイクル
Kuznets cycle

S.クズネッツ実質所得長期波動を分析することによって発見した成長率循環。平均 20年周期で,ジュグラー・サイクルをこえる長期波動である。この循環が生じる原因として,アメリカでは人口や資本の移動およびそれに基づく建設循環が主張されることが多いが,日本では輸出や国際収支の役割が強調される傾向がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のクズネッツ・サイクルの言及

【クズネッツ】より

…彼は,アメリカにおける国民所得会計の成立に際して主導的役割を演じたが,その後は世界各国の国民総生産やその構成要素の分析を通じて,長期波動,産業構造の変化法則,平均貯蓄性向の長期的安定性,所得分配の平等度の逆U字型変動等の多くの規則性を発見した。クズネッツ・サイクルは有名であり,著書は《国民所得とその構成》《近代経済成長の分析》(以上1966),《諸国民の経済成長》(1971)ほか多数がある。これらの業績で71年にノーベル経済学賞受賞。…

【景気循環】より

…しかし,リグルマンJ.R.Rigglemanがアメリカの建設活動を分析し,平均17年周期のサイクルを発見してから,20年前後の周期のサイクルは,建設ないし建築活動との関連からみられるようになった。このサイクルは,クズネッツの名にちなみ,クズネッツ・サイクルないしクズネッツ循環とよばれ,またときに長期波動long swingともよばれている。
【需要と供給の調整過程】
 物々交換の経済では,交換の相手方を発見するのが困難であり,そこに不確実性をともなう。…

※「クズネッツ・サイクル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クズネッツ・サイクルの関連キーワードジュグラー

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android