コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クッバニア遺跡 クッバニアいせきKubbania

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クッバニア遺跡
クッバニアいせき
Kubbania

エジプト,アスワンの 15kmほど南にある遺跡。アメリカの南メソジスト大学とポーランド科学アカデミーの合同調査団が調査した。旧石器時代末期のクッバニア文化の居住地点が9地点発見され,細石器などの打製石器,磨石,石皿オオムギ,魚骨などが出土している。磨石,石皿,オオムギの発見から旧石器時代の農耕遺跡として注目されたが,炭素 14年代測定法によるオオムギの種子の年代が他の資料から検出された年代と適合しなかったため調査者は農耕の存在を撤回している。しかし,なお可能性は高いと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クッバニア遺跡の関連キーワード久保恒造大気ブリッジウォーターエゴロワクロスカントリースキーザルカウィ死去兵庫県南部地震富士山浦富海岸オストラバ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android