コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クトゥブッディーン・アイバク くとぅぶっでぃーんあいばく

2件 の用語解説(クトゥブッディーン・アイバクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クトゥブッディーン・アイバク
クトゥブッディーン・アイバク

アイバク」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クトゥブッディーン・アイバク
くとぅぶっでぃーんあいばく
Qub al-Dn Aibak
(?―1210)

インドのデリー・サルタナット最初の王朝、いわゆる奴隷王朝の創始者で、トルコ人ゴール朝ムハンマドの奴隷出身の部将で、インド侵入軍を指揮し1192年にヒンドゥー王プリトゥビラージの軍を破り、トルコ系イスラム教徒による西北インド支配の基礎を整えた。1206年にムハンマドが暗殺されるとインド征服領の支配権を握り、デリーラホールとを拠点として権力を確立することに成功し、その軍は、東はベンガル、南はグジャラート地方にまで及んだ。デリーやアジメール(ラージャスターン州)には、彼が造営させた巨大なモスクの廃墟(はいきょ)が今日なお残っている。[荒 松雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクトゥブッディーン・アイバクの言及

【インド】より

…トルコ系の両王朝は11世紀初頭から侵入・略奪を繰り返し,分立抗争していたヒンドゥー教徒の諸国を破って,しだいにインド支配の足場を固めた。そして1206年,ゴール朝の将軍で奴隷出身のクトゥブッディーン・アイバクが,デリーで独立してインド最初のムスリム王朝(奴隷王朝)を創始した。その後の320年間,デリーに都を置きデリー・サルタナット(デリー・スルタン朝)と総称される五つのムスリム王朝が交代した。…

※「クトゥブッディーン・アイバク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone