コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クトゥブッディーン・シーラージー クトゥブッディーン・シーラージーQuṭb al-Dīn al-Shīrāzī

1件 の用語解説(クトゥブッディーン・シーラージーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クトゥブッディーン・シーラージー
Quṭb al-Dīn al-Shīrāzī

[生]1236. シーラーズ
[没]1310
イランのイスラム哲学者。スフラワルディーの照明哲学を受継ぐ哲学者たちのなかで最高の人であるといわれる。ナスィールッ・ディーン・アッ・トゥースィー,サドルッ・ディーン・アル・コニアビーら当時最高の学者たちに師事し,万学に通じていた。哲学のみならず代数学,天文学,音楽についても著述している。スフラワルディーの『照明学派の英知』 Ḥikmat al-ishrāqについて彼の著わした注釈は,スフラワルディー哲学を理解するうえで不可欠のものとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クトゥブッディーン・シーラージーの関連キーワードアメダスAMeDAS扇ノ山オゴタイハン国宋濂帝政論尊円親王竹むきが記南極大陸ビャウィストク

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone