クトナー-ホラ:聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市(読み)クトナーホラ せいバルバラきょうかいとセドレツのせいぼマリアだいせいどうのあるれきしとし

世界遺産詳解の解説

クトナーホラ せいバルバラきょうかいとセドレツのせいぼマリアだいせいどうのあるれきしとし【クトナー-ホラ:聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市】

1995年に登録された世界遺産(文化遺産)。クトナー・ホラは、チェコ中部、首都プラハの東方にある町。13世紀後半に銀山が発見され、ここに町がつくられ、14世紀にはボヘミア王国の王室の造幣所が置かれ、プラハに次ぐ王国第2の都市として繁栄した。しかし、この銀山はフス戦争(1419~1436年)や三十年戦争(1618~1648年)により荒廃し、18世紀末には廃坑となり、町も次第に衰退していった。この町の旧市街(歴史地区)には、現在、かつて繁栄した時代の建築物の遺構が残されている。市街にある聖バルバラ教会は、鉱山労働者の守護聖人である聖バルバラ(バーバラ)を記念して建設された後期ゴシック様式の大聖堂である。イタリア宮殿(イタリアン・コート)とも呼ばれていた旧王宮は、かつて王国造幣局が置かれていたブラシュスキー・ドブール宮殿で、産出する銀を使って銀貨を鋳造していた。旧市街北東郊外のセドレツ(セドリック)地区にある聖母マリア大聖堂は、12世紀に建設されたシトー派の修道院に併設された教会堂である。現存する教会堂は18世紀初めにバロック様式で改築されたものである。◇英名はKutná Hora:Historical Town Centre with the Church of St Barbara and the Cathedral of Our Lady at Sedlec

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android