コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クバン文化 クバンぶんかKuban culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クバン文化
クバンぶんか
Kuban culture

黒海の北部アゾフ海流れ込むクバン川によって名づけられた青銅器時代の文化。前2千年紀代に位置づけられ,3文化期に細分されている。墳墓はしばしば箱形石棺ないしそれに類するもので,石積みの墳丘を伴うこともある。副葬品カタコンベ文化のものに類似し,深鉢や口縁下に突起をもつ球形の土器などに施文された縄の押捺文や三角形の文様は,カタコンベ文化に特有な文様である。矢柄研磨器,石製闘斧,装身具などの副葬品も,そして,初期では骨製,のちには青銅製になるハンマー状頭部の安全ピンも,カタコンベ文化と関係をもっている。青銅製品には,袋柄斧,円盤形垂飾,短剣,また羊角状頭部や螺旋状両頭部をもつ安全ピンなどがあり,これらはオリエントアナトリアの型式と類似するものがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone