コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クモガイ クモガイLambis lambis; spider conch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クモガイ
Lambis lambis; spider conch

軟体動物門腹足綱スイショウガイ科。高 17cm,殻径 10cm。殻は紡錘形,重厚で,褐色地に黄白色斑がある。殻口の外唇は広く開き,その縁に上下合せて7本の指状突起がある。この形をクモに見立てたのが和名の由来。なお幼貝では殻は薄く,外唇は広がらず指状突起はない。紀伊半島以南の熱帯太平洋,インド洋に広く分布し,浅海サンゴ礁などの砂礫底にすむ。雌は雄よりも大型で,初夏に産卵する。成長が速く,1年で成貝になる。肉は食用,殻は飾り物として用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クモガイ
くもがい / 蜘蛛貝
spider conch
[学]Lambis lambis

軟体動物門腹足綱スイショウガイ科(ソデボラ科ともいう)の巻き貝。紀伊半島以南の西太平洋、インド洋海域のサンゴ礁など浅海の砂礫(されき)底にすむ。殻高17センチメートル、殻径10センチメートル。管状に伸びた前溝、後溝のほか外唇にも長い棘(とげ)があった、その姿からクモに見立てられた。殻本体は厚く紡錘形。殻表には太い肋(ろく)が数本あり、褐色で不規則な黄色斑(はん)がある。殻口外唇は大きく広がり、内唇の滑層も螺層(らそう)上に広がって、内面と同様の淡紅色を呈する。このため成貝では螺塔は殻口方向から見えないが、幼貝のうちは殻が薄いばかりでなく外唇の突起などは発達していないので、別種のようにみえる。軟体の足裏は狭く、つめ形の蓋(ふた)を地面にひっかけて、さおさすように歩く。目は柄が長く、柄の中途から触角が出る。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クモガイの関連キーワードスガイ

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android