コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クモガイ クモガイ Lambis lambis; spider conch

2件 の用語解説(クモガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クモガイ
クモガイ
Lambis lambis; spider conch

軟体動物門腹足綱スイショウガイ科。殻高 17cm,殻径 10cm。殻は紡錘形,重厚で,褐色地に黄白色斑がある。殻口の外唇は広く開き,その縁に上下合せて7本の指状突起がある。この形をクモに見立てたのが和名の由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クモガイ
くもがい / 蜘蛛貝
spider conch
[学]Lambis lambis

軟体動物門腹足綱スイショウガイ科(ソデボラ科ともいう)の巻き貝紀伊半島以南の西太平洋、インド洋海域のサンゴ礁など浅海の砂礫(されき)底にすむ。殻高17センチメートル、殻径10センチメートル。管状に伸びた前溝、後溝のほか外唇にも長い棘(とげ)があった、その姿からクモに見立てられた。殻本体は厚く紡錘形。殻表には太い肋(ろく)が数本あり、褐色で不規則な黄色斑(はん)がある。殻口外唇は大きく広がり、内唇の滑層も螺層(らそう)上に広がって、内面と同様の淡紅色を呈する。このため成貝では螺塔は殻口方向から見えないが、幼貝のうちは殻が薄いばかりでなく外唇の突起などは発達していないので、別種のようにみえる。軟体の足裏は狭く、つめ形の蓋(ふた)を地面にひっかけて、さおさすように歩く。目は柄が長く、柄の中途から触角が出る。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クモガイの関連キーワード多板類頭足類軟体動物有肺類後鰓類水字貝前鰓類象水母蜘蛛貝軟体類

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone