コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クモガタヒョウモン くもがたひょうもん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クモガタヒョウモン
くもがたひょうもん / 雲形豹紋蝶
[学]Nephargynnis anadyomene

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。北海道から九州にわたって分布、外国では朝鮮半島、アムール地方、中国に産し、アジアの特産種。はねの開張は70ミリメートル内外。大形ヒョウモンの一種で、はねの表面の黒斑(こくはん)の形と配列に特徴があり、また後ろばね裏面の雲状斑も特異で、和名はこの斑紋からきている。年1回の発生、日本南西部の暖地では5月上旬から中旬にかけて現れ、羽化後はしばらく活動して花などを訪れ、酷暑期には休眠に入って姿を消す。秋になって涼しくなるとふたたび現れて活動するが、この時期のものははねが傷んでいる。幼虫の食草はスミレ類。越冬態は1齢幼虫といわれる。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクモガタヒョウモンの言及

【ヒョウモンチョウ(豹紋蝶)】より

…形態,生活史ともよく似ている。日本には大型(開張は最小6cm,最大8cm程度)のものはミドリヒョウモン,メスグロヒョウモン,クモガタヒョウモン,ウラギンヒョウモン,オオウラギンヒョウモン,ウラギンスジヒョウモン,オオウラギンスジヒョウモン,ギンボシヒョウモン,ツマグロヒョウモンの9種が見られる。生息地はすべて山の草原または森林周辺の明るいところで,成虫は花に集まる。…

※「クモガタヒョウモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クモガタヒョウモンの関連キーワード白水