コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラカトア東風 Krakatoa easterlies

法則の辞典の解説

クラカトア東風【Krakatoa easterlies】

赤道成層圏に卓越する東風.1883年に噴火したジャワ島クラカトア火山の噴煙は成層圏に達し,平均35m/sもの速さで西に進んだことから偏東風の存在が示唆され,この名称が与えられた.のちに1908年にドイツのフォン・ベルゾンがアフリカでの気球観測の結果から,同じ赤道成層圏に強い西風(ベルゾンの西風*)の存在を示し,第二次大戦後になって,赤道成層圏においてはほぼ2年の周期で東風と西風が交代することが発見された.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

クラカトア東風の関連キーワードアルマン条約電気事業ウィンチェスタープチャーチンメチニコフヨッフェレフィスゾーン石炭化作用カフカ高田保馬