コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラゲダコ クラゲダコAmphitretus pelagicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラゲダコ
Amphitretus pelagicus

軟体動物門頭足綱クラゲダコ科。体長 35cm,胴幅 6cm,長 25cm。体は透明な寒天質で釣鐘状。頭は小さい。眼は赤緑色で,望遠鏡状に背方へ向く。外套腔は左右の小さな穴で外と通じている。8本の腕は互いに膜で続き,先端のみ分離している。泳ぐときはクラゲのように腕を開閉する。太平洋インド洋水深 500~2000mの深海を浮遊する。日本では,館山相模湾で採集されたことがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラゲダコ
くらげだこ / 水母蛸
[学]Amphitretus pelagicus

軟体動物門頭足綱クラゲダコ科のタコ。太平洋およびインド洋の水深500~2000メートルの深海中層に浮遊生活をしていて、日本近海でも相模(さがみ)湾や浦賀水道から採集されている。外套(がいとう)長35センチメートル、外套幅6センチメートル、腕の長さ25センチメートルに達するが、通常は全長で10センチメートルぐらいの小形なものが多い。透明な寒天質で覆われ全体は釣鐘状。8本の腕の間にある傘膜は広く、先端のみ分離している。腕の吸盤は1列。目は望遠鏡のように筒状で、左右のものが背方に寄り近づいている。クラゲのように不活発に傘膜を開閉させて泳ぐと思われる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クラゲダコの関連キーワード水母蛸

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android