クラゲ刺症(読み)くらげししょう(英語表記)Jellyfish Dermatitis

家庭医学館の解説

くらげししょう【クラゲ刺症 Jellyfish Dermatitis】

[どんな病気か]
 クラゲ(ハナガサクラゲカツオノエボシアンドンクラゲなど)の触手(しょくしゅ)に触れると、触手にある刺胞しほう)が肌に刺さって激しく痛み、紅斑(こうはん)、丘疹(きゅうしん)、小水疱(しょうすいほう)が線状に生じます。
[治療]
 刺胞をすりこまないように、アルコールか海水でそっと洗い落とし、抗ヒスタミン薬や副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬配合の軟膏(なんこう)を塗ります。真水で洗うと、体内に刺胞から毒液が注入されやすくなるので注意しましょう(「アウトドアでの動植物による被害と手当」)。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android