コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラゲ刺症 くらげししょう Jellyfish Dermatitis

1件 の用語解説(クラゲ刺症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

くらげししょう【クラゲ刺症 Jellyfish Dermatitis】

[どんな病気か]
 クラゲハナガサクラゲカツオノエボシアンドンクラゲなど)の触手(しょくしゅ)に触れると、触手にある刺胞(しほう)が肌に刺さって激しく痛み、紅斑(こうはん)、丘疹(きゅうしん)、小水疱(しょうすいほう)が線状に生じます。
[治療]
 刺胞をすりこまないように、アルコールか海水でそっと洗い落とし、抗ヒスタミン薬副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬配合の軟膏(なんこう)を塗ります。真水で洗うと、体内に刺胞から毒液が注入されやすくなるので注意しましょう(「アウトドアでの動植物による被害と手当」)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

クラゲ刺症の関連キーワードアラゲキクラゲクラゲ逆さ海月何心地花が咲く話に花が咲く行灯水母キクラゲクロキクラゲ花笠魯助

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone