クラスノゴルスク(英語表記)Krasnogorsk

デジタル大辞泉の解説

クラスノゴルスク(Krasnogorsk/Красногорск)

ロシア連邦、サハリン州(樺太)中南部の町。ユジノサハリンスクの北約200キロメートル、間宮海峡に面し、クラスノゴールカ川が流れる。1945年(昭和20)以前の日本領時代には珍内(ちんない)とよばれ、石炭と木材の集散地として栄えた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android