コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラマー効果(電子放射) Kramer effect

1件 の用語解説(クラマー効果(電子放射)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

クラマー効果【Kramer effect】

低温において金属の表面から電子が放出される現象.これは熱電子効果*よりもずっと低いエネルギーで起きる.酸素の存在下,機械加工などで新しくつくられた金属の表面から電子の放出がみられることを,1950年にクラマー(Kramer)が発見したためにこの名称が与えられた.金属の光電子や熱電子放出仕事関数は通常2~2.5eV程度であるが,機械的処理によって1eVほどに低下するのが原因と考えられている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラマー効果(電子放射)の関連キーワードSED電子ビーム二次電子表面電界ディスプレーショットキー効果逆光電効果固体比熱の法則スミス‐パーセル‐ソールズベリー効果体積光電効果表面光電効果

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone