コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラマー効果(電子放射) Kramer effect

法則の辞典の解説

クラマー効果【Kramer effect】

低温において金属の表面から電子が放出される現象.これは熱電子効果*よりもずっと低いエネルギーで起きる.酸素の存在下,機械加工などで新しくつくられた金属の表面から電子の放出がみられることを,1950年にクラマー(Kramer)が発見したためにこの名称が与えられた.金属の光電子や熱電子放出の仕事関数は通常2~2.5eV程度であるが,機械的処理によって1eVほどに低下するのが原因と考えられている.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

クラマー効果(電子放射)の関連キーワード熱電子

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android