コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱電子効果 ネツデンシコウカ

3件 の用語解説(熱電子効果の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねつでんし‐こうか〔‐カウクワ〕【熱電子効果】

高温の金属や半導体などから、内部で運動エネルギーを得た熱電子が放出される現象。発見者および理論研究者の名をとり、エジソン効果リチャードソン効果ともいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

法則の辞典の解説

熱電子効果【thermoelectronic effect】

真空中で金属板を加熱すると電子の放出が起こる.対陰極に正の電位を与えると電流が流れる(エディソン効果*).この際の電流の密度はリチャードソン方程式*,およびリチャードソン‐ダッシュマンの式*に従う.金属板のほか,アルカリ土類金属の酸化物などが熱電子放射の能力が大きく,真空管やレーザー管の熱陰極としては,加熱用のフィラメントを内蔵したカソードの表面にこれらを塗布したものが用いられている.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねつでんしこうか【熱電子効果】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone