コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラ岩 クラがん kulaite

1件 の用語解説(クラ岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

クラ岩

この岩石の内容は様々に変化した.1894年にはアルカリ玄武岩で玄武岩質角閃石が有色鉱物の主な岩石とされたが[Washington : 1894],その後この角閃石は変化して輝石などとなったことがわかり,1900年には塩基性噴出岩で正長石と斜長石が約等量含まれ,合わせて全体の半分を占め,ネフェリンが伴われる岩石とされた[Washington : 1900].このタイプの岩石はオージャイト,橄欖(かんらん)石,変質した角閃石の斑晶が,バイトゥナイト,オージャイトなどと最終充填物のネフェリンと正長石からなる石基に含まれている[Tomkeieff : 1983].アジアリュディア(Lydia)のクラ・デヴィト(Kula Devit)に因む.リュディア王国紀元前670年~前546年に栄えた国で,現在のトルコ西部,エーゲ海に面した地域を占めていた.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラ岩の関連キーワード基岩岩組ラテリトイドトンスタインメタトロピーダイアモルフィズムエスメラルダ岩灰曹長岩閃長閃緑岩霞石閃長斑岩

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone