コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラ岩 クラがんkulaite

岩石学辞典の解説

クラ岩

この岩石の内容は様々に変化した.1894年にはアルカリ玄武岩で玄武岩質角閃石が有色鉱物の主な岩石とされたが[Washington : 1894],その後この角閃石は変化して輝石などとなったことがわかり,1900年には塩基性噴出岩で正長石と斜長石が約等量含まれ,合わせて全体の半分を占め,ネフェリンが伴われる岩石とされた[Washington : 1900].このタイプの岩石はオージャイト,橄欖(かんらん)石,変質した角閃石の斑晶が,バイトゥナイト,オージャイトなどと最終充填物のネフェリンと正長石からなる石基に含まれている[Tomkeieff : 1983].アジア,リュディア(Lydia)のクラ・デヴィト(Kula Devit)に因む.リュディア王国は紀元前670年~前546年に栄えた国で,現在のトルコ西部,エーゲ海に面した地域を占めていた.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

クラ岩の関連キーワード日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門日清戦争リーケの原理日清戦争国際オリンピック委員会ロシア映画[各個指定]芸能部門アレクサンドル露仏同盟

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android