コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリシャン・チャンダル Kriśan Candar

世界大百科事典 第2版の解説

クリシャン・チャンダル【Kriśan Candar】

1914‐77
インドのウルドゥー文学界でプレームチャンド以来の最も注目すべき作家の一人。パンジャーブのワジーラーバードで生まれ,少年期をカシミールで過ごした。ラホールで英文学,法律学を修めた彼は23歳の頃から本格的に小説を書き始めた。進歩主義作家と規定される彼の執筆活動は,初期のロマン主義的傾向を経て1947年のインド・パキスタン分離独立時の騒乱に直面し,政治思想や社会体制,宗教や伝統に対する批判を主題とする作品に集中し,短編集《われわれは野蛮人だHam Vaśśī Hain》(1947)のような衝撃的作品を生んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クリシャン・チャンダルの関連キーワード11月23日

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android