コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンジャーブ

3件 の用語解説(パンジャーブの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

パンジャーブ

インド西部とパキスタンにまたがる地方。インダス川とその5大支流(サトレジ,ビアスラービー,チェナーブ,ジェールム)の流域地帯で名は〈五つの川〉の意。北部山岳地方を除き大半は肥沃な沖積平野
→関連項目カラチソアン文化トゥムリーヌスラットバングラー・ビートパンジャービー語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パンジャーブ【Punjāb】

インド亜大陸北西部のインダス水系中流域の地方名。〈五つの川〉の意。五河は一般には西から順にジェラム,チェナーブ,ラービー,サトレジ,ビアスを指すが,ビアスをインダス本流に替える説もある。その範域は,自然地理的には,ほぼヤムナー川以西,タール砂漠北縁部以北,スライマーン山脈東麓以東,シワリク丘陵以南の平原を指す。政治的にはこれより大きく,1910年代の英領パンジャーブと諸藩王国の範域は,現在のパキスタンのパンジャーブ州(面積20万3000km2,人口5046万,1983。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンジャーブ
ぱんじゃーぶ
Punjab

インド北部およびパキスタン中北部のインダス水系中流域の地方名。インダス川の五つの支流、ジェラム、チェナブ、ラービ、ビアス、サトレジの各川が流れ、五河地方と称される。ヒマラヤ山地の山麓(さんろく)から緩傾斜する広大な沖積平野で、山麓近くでは1000ミリ近い年降水量があるが、大部分は600ミリ以下の半乾燥~乾燥地帯である。そのため、古くから春の融雪水や夏のモンスーンの増水を利用した溢流灌漑(いつりゅうかんがい)が行われていた。近代的灌漑用水路によって恒常灌漑が可能になったのは、1859年にラービ川から取水した上部バリ・ドアブ用水路がつくられてからで、それ以降20世紀初期にかけて五河の水を余すところなく利用する大規模な灌漑組織が建設され、インド有数の農業地帯となった。1947年のインドとパキスタンの分離独立の際、パンジャーブ地方は両国に分割され、同名の州が両国に置かれることになった。しかしこの分割は灌漑組織を無視して線引きされたため、両国間に水争いが生じ、1960年の水利協定成立まで続いた。協定成立後、ラービ、ビアス、サトレジの東部三川の水を得たインドは、ハリアナ州とラージャスターン州に達する大用水路を建設、一方パキスタンも従来利用していなかったインダス川本流の活用を大規模に進めている。こうした灌漑組織の整備を土台に、二つのパンジャーブ州では「緑の革命」を進展させ、それぞれインド・パキスタン両国のもっとも重要な穀倉地帯となっている。農業の発展に伴い、農産物の集散とその加工、さらに化学肥料、機械などの工業が立地し、農村中心の都市が数多く発達している。[藤原健蔵]

歴史

地名の語源はペルシア語の「五つの川」panj-b、つまりインダス川東部の五大支流とその流域のことで、歴史的にはインダス川本流からヤムナー川までの地域をさすことが多い。インダス文明の北部中心地で、ハラッパー遺跡がある。紀元前1500年ごろ北西方からアーリア人が移住し、ヒンドゥー教最古の聖典『リグ・ベーダ』を成立させた。前6~前4世紀にイランのアケメネス朝の属領であり、前4~前3世紀のマウリヤ朝下に仏教が広まった。前3~前1世紀にギリシア系バクトリア、イラン系サカ、パルティアの支配、後1~3世紀にクシャン朝が隣接のガンダーラ地方を本拠に中央アジアに及ぶ大帝国を形成し、シルク・ロードの遠隔地貿易を基礎にしてヘレニズム様式の仏教美術などガンダーラ文化を生んだ(北部にタキシラ遺跡)。3~4世紀にイランのササン朝の属領、4~7世紀にグプタ朝、ギターラ朝、フン人、シャーヒー朝の支配で仏教は衰退した。8世紀初めに南部をシンドのアラブ政権が、11世紀初めに全域をアフガニスタンのガズナ朝が征服、以来18世紀なかばまでムスリム(イスラム教徒)諸王朝が支配し、西部でイスラム化が進行、ラホールが政治・文化の中心地として発達した。この都市の近くで15世紀末ごろにシク教が成立、1765年にシク政権が樹立されたが、1845~49年の対イギリス戦争に敗れ、イギリス植民地の一州となった。1947年のインド・パキスタンの分離独立で、ヒンドゥー、シクの多い東部がインド領、ムスリムの多い西部がパキスタン領に分割され、前者は66年にパンジャーブ語のパンジャーブ州、ヒンディー語のハリアナ州に再編された。[浜口恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パンジャーブの関連キーワードインダス川インド亜大陸デカン高原パキスタンパンジャブインダスインド半島南アジア亜大陸リーディングインダストリー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パンジャーブの関連情報