クリストファー フライ(英語表記)Christopher Fry

20世紀西洋人名事典の解説

クリストファー フライ
Christopher Fry


1907.12.18 -
英国の劇作家
ブリストル生まれ。
本名ハリス〈Harris〉。
学生時代から詩や、韻文劇を書いていた。卒業後、地方劇団に参加。喜劇「不死鳥はまたも」(1946年)でデビューし、好評を得た。この作品は、詩劇流行のきっかけを作った。代表作「季節喜劇」四部作は「焚刑をまぬかれた女」(’48年)は春、「観測されたビーナス」(’50年)が秋、「闇も明るく」(54年)が冬、「太陽の庭」(’70年)が夏と季節の雰囲気で、光景や性格を統一している。T.S.エリオットとともに50年代のイギリス詩劇復活運動に貢献し、戦後イギリス演劇主流の座を守り続けた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

クリストファー フライ

生年月日:1907年12月18日
イギリスの劇作家
2005年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android