コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリトストマ Clytostoma

2件 の用語解説(クリトストマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クリトストマ【Clytostoma】

ノウゼンカズラ科クリトストマ属のつる性常緑低木。葉は対生し,頂部の小葉片が細長いひげとなり,他の物体にからみ伸長する。花は漏斗状で,腋生(えきせい)か頂生の円錐花序につく。南アメリカに8種を産し,ツリガネカズラBignoniaに含められることもある。温暖を好み,観賞用に栽植される種がある。クリトストマ・カルリステギオイデスC.callistegioides (Cham.) Buv.(和名ハリミノウゼン)はブラジル南部,アルゼンチン原産のつる性の常緑低木で,長さ数mに伸びる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリトストマ
くりとすとま
[学]Clytostoma callistegioides Bur.

ノウゼンカズラ科の常緑低木で、巻きひげでよじ登り性をもつ。南ブラジル、アルゼンチン原産で南アメリカに8種分布する。和名ハリミノウゼン。葉は対生し、長さ5~8センチメートルの小葉は倒卵形または長楕円(ちょうだえん)形で先は鋭くとがる。花は長さ7~8センチメートル、淡紫色で花柄上に2個ずつつき、筒状の先が5裂する。筒部は淡黄色地に紫色を帯びた条線がある。果実は(さくか)、種子は球形で翼のある刺(とげ)をもつ。温室栽培用とされ、実生(みしょう)や挿木で殖やす。属名はギリシア語のklytos(美しい)とstoma(口)とからなる。[冨樫 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリトストマの関連キーワードジャカランダ玉葛段葛凌霄花美男葛藤葛アメリカ凌霄花

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone