コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレアチニン(CRE) くれあちにん

1件 の用語解説(クレアチニン(CRE)の意味・用語解説を検索)

生活習慣病用語辞典の解説

クレアチニン(CRE)

主に腎機能の指標に用いられる検査のこと。クレアチニンとは、筋肉中に含まれるクレアチン (筋肉を動かすときに必要なエネルギー物質) という物質が分解されたときにできる物質のことで、いわばその老廃物です。QUPiOではクレアチニンの値が0.8-1.2mg/dlを正常値としています。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレアチニン(CRE)の関連キーワード官能検査BUNアミノ馬尿酸インドシアニングリーン糸球体ろ(濾)過値生化学的指標ボディー-マス-インデックス眼圧検査尿素窒素(BUN)再検査 (retesting)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone