クレメンス(読み)くれめんす(英語表記)William Roger Clemens

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレメンス(アメリカのプロ野球選手)
くれめんす
William Roger Clemens
(1962― )

アメリカのプロ野球選手(右投右打)。大リーグ(メジャー・リーグ)のボストン・レッドソックス、トロント・ブルージェイズ、ニューヨーク・ヤンキースで投手としてプレー。史上最多の6回もサイ・ヤング賞(最優秀投手賞のこと)を受賞した豪腕投手で「ザ・ロケット」の異名をとる。
 8月4日、オハイオ州デイトンで生まれる。テキサス大から1983年、ドラフト1巡目(全体19番目)指名を受けてレッドソックスに入団。プロ2年目の1984年のシーズン途中に早くも大リーグ昇格を果たし、9勝4敗の好成績をあげた。1985年は故障で15試合の登板にとどまったが、86年は24勝、防御率2.48で二冠王となり、リーグ優勝に貢献してサイ・ヤング賞と最優秀選手(MVP)に選ばれた。この年、大リーグ新記録(現在はタイ記録)となる1試合奪三振20の快挙も達成した。1987年も20勝で最多勝となり、サイ・ヤング賞を受賞した。翌88年は奪三振王を獲得。1990年からは3年連続して最優秀防御率となり、91年は奪三振との二冠王で3回目のサイ・ヤング賞となった。1993年からは故障で3年続けて登板数が30を切ったが、2回目の1試合奪三振20をマークした1996年に奪三振王を獲得して復活。1997年にブルージェイズへ移籍、2年連続して投手三冠王となり、両年ともサイ・ヤング賞に選ばれた。1999年にヤンキースへ移籍。その年と2000年に2年続けて念願だったワールド・シリーズ優勝を経験した。2001年には無冠ながら、アメリカン・リーグタイ記録の16連勝をマークしてサイ・ヤング賞を受賞した。2003年には、通算300勝と奪三振4000を同じ試合で達成した。[山下 健]

2004年以降

2003年にいったんは引退を表明したが撤回し、翌04年ヒューストン・アストロズと契約、33試合に登板して18勝をあげ、7回目のサイ・ヤング賞を受賞した。2005年には防御率1.87で最優秀防御率投手。2006年までアストロズでプレーしたのち、07年ふたたびヤンキースと契約、大リーグ史上8人目となる通算350勝を達成したが、年間18試合の登板でわずか6勝にとどまり、シーズン終了後に退団した。
 2007年までの通算成績は、登板試合709、投球回4916と3分の2、354勝184敗、防御率3.12、奪三振4672、完投118、完封46。獲得したおもなタイトルは、最多勝利4回、最優秀防御率7回、最多奪三振5回、サイ・ヤング賞7回、MVP1回。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クレメンスの関連情報