クレメンスの手紙(読み)クレメンスのてがみ(英語表記)Epistle of Clemens

世界大百科事典 第2版の解説

クレメンスのてがみ【クレメンスの手紙 Epistle of Clemens】

96‐97年ころ,ローマ教会の名でコリント教会にあてて書かれた手紙で,同教会内の混乱を収拾することが直接の目的であった。実際の著者ローマの第2あるいは第3代監督クレメンスといわれ,通常,偽書である第2の手紙と区別して《クレメンスの第1の手紙》と呼ばれる。本書構成を見ると,最初から礼拝において朗読されるようにもくろまれたことがわかる。多くの勧告が述べられ,修辞上の技巧が用いられ,旧約聖書(七十人訳聖書)の詳細な引用がなされ,重要部分を祈禱で締めくくっていることなどはそのことを示している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android