コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレメンスの手紙 クレメンスのてがみ Epistle of Clemens

1件 の用語解説(クレメンスの手紙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クレメンスのてがみ【クレメンスの手紙 Epistle of Clemens】

96‐97年ころ,ローマ教会の名でコリント教会にあてて書かれた手紙で,同教会内の混乱を収拾することが直接の目的であった。実際の著者はローマの第2あるいは第3代監督クレメンスといわれ,通常,偽書である第2の手紙と区別して《クレメンスの第1の手紙》と呼ばれる。本書の構成を見ると,最初から公の礼拝において朗読されるようにもくろまれたことがわかる。多くの勧告が述べられ,修辞上の技巧が用いられ,旧約聖書(七十人訳聖書)の詳細な引用がなされ,重要部分を祈禱で締めくくっていることなどはそのことを示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クレメンスの手紙の関連キーワード教皇首長令ローマ人への手紙ローマ教皇西方教会パトリアルクローマカトリック教会加特力サンピエトロインビンコリ教会ローマ教会

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone