コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレモナ派 クレモナは

世界大百科事典 第2版の解説

クレモナは【クレモナ派】

北イタリアのポー川沿いのクレモナで,16~18世紀に活躍したバイオリン属の弦楽器製作者の総称。その基礎を築いたのはA.アマーティである。彼の子孫およびグアルネリストラディバリ,F.ルジエーリなどの一族は最高級のバイオリンを多数生み出した。なかでも巨匠A.ストラディバリは標準型バイオリンを完成し,のちの製作に決定的な影響を与えた。【片山 千佳子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレモナ派
くれもなは

バイオリン属楽器製作の流れの一つ。北イタリアのクレモナは、16世紀なかばから、アマーティ兄弟によってその一大中心地となった。以後18世紀にかけて、世界的に有名なストラディバリ、グアルネリ一族などが現れ、クレモナ派とよばれた。彼らの製作になるバイオリンは最高級の名器とされ、今日にまで影響を与えている。[今谷和徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クレモナ派の関連キーワードクレモナ(イタリア)カンピ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android