クレモナ派(読み)クレモナは

世界大百科事典 第2版の解説

クレモナは【クレモナ派】

北イタリアのポー川沿いのクレモナで,16~18世紀に活躍したバイオリン属の弦楽器製作者の総称。その基礎を築いたのはA.アマーティである。彼の子孫およびグアルネリストラディバリ,F.ルジエーリなどの一族は最高級のバイオリンを多数生み出した。なかでも巨匠A.ストラディバリは標準型バイオリンを完成し,のちの製作に決定的な影響を与えた。【片山 千佳子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレモナ派
くれもなは

バイオリン属楽器製作の流れの一つ。北イタリアのクレモナは、16世紀なかばから、アマーティ兄弟によってその一大中心地となった。以後18世紀にかけて、世界的に有名なストラディバリ、グアルネリ一族などが現れ、クレモナ派とよばれた。彼らの製作になるバイオリンは最高級の名器とされ、今日にまで影響を与えている。[今谷和徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android