コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロカワ クロカワBoletopsis leucomelas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロカワ
Boletopsis leucomelas

担子菌類ヒダナシタケ目イボタケ科のキノコ。太さ1~2.5cm,高さ2~10cmの柄をもち,径5~10cmの傘を生じる。初めは山形,のちにほぼ平らに開き,縁はそり返る。上面はねずみ色から黒色,ときにやや褐色を帯び,細かな毛におおわれている。肉厚で傷つくと赤紫色になる。下面に管孔を生じ,その内面に担子器を生じる。管孔口は,初めは小さく円形であるが,のちに大きくなり,形も不整になる。胞子は無色。秋に針葉樹林の地上に群生し,味は苦いが食用にする。本州各地に産し,北アメリカヨーロッパにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロカワ
くろかわ
[学]Boletopsis leucomelas (Fr.) Fayod

担子菌類、サルノコシカケ目イボタケ科の食用キノコ。傘は径5~15センチメートル、初めまんじゅう形で、のち扁平(へんぺい)に開く。表面は灰白色からしだいにねずみ色、やがて黒ずんでくる。肉は厚くて白いが、傷つくと赤紫色に変わり、味は苦い。傘の下面は管孔(くだあな)状でサルノコシカケ科を思わせるが、胞子がほぼ球形でいぼを帯び、イボタケ科の特徴を示す。管孔は初め小さく、口は円いが、のち大きくなり、形は崩れる。秋、松林の地上に群生する。昔から食菌として親しまれ、クロコウ、クロンボ、ナベタケ、ウシビタイ、ロウジ(老人の意)などの地方名でよばれる。ゆでて大根おろしの和(あ)え物や酢の物にしたり、焼いてしょうゆをつけて食べたり、きのこ飯にもする。日本をはじめ北半球の松林に広く分布する。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクロカワの言及

【クロカジキ】より

…スズキ目マカジキ科の海産魚。クロカワともいわれる。その名のとおり背面が黒っぽい。…

※「クロカワ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロカワの関連キーワードヒゲナガカワトビケラセッケイカワゲラクロカワカジキ江見 俊太郎黒川 弥太郎セッケイムシ黒川 哲泉双棘黒襀翅クロカジキカワゲラ類雪渓川螻蛄嘉瀬の桃雪渓襀翅練り製品トビケラカワゴケカワゲラ雪渓虫黒襀翅カジキ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロカワの関連情報