クロサイ(読み)くろさい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロサイ
くろさい / 黒犀
black rhinoceros
[学]Diceros bicornis

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目サイ科の動物。アフリカ東部から南部にかけて分布する。角(つの)を目当ての乱獲により減少し、20世紀末には約3000頭しかいなくなってしまった。体高1.4~1.7メートル。鼻上には、前後に並ぶ2本の角があり、前方のものは1.38メートルにもなった例がある。草原にすみ、樹葉が主食である。[祖谷勝紀]
『ナスカ・アイ編『いま、野生動物たちは――地球の声のネットワーク』(1995・丸善)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクロサイの言及

【サイ(犀)】より

…かつては東南アジア全域に広く分布したが,現在はスマトラ,ボルネオなどにごく少数が生き残るのみ。クロサイDiceros bicornis(イラスト)は,アフリカの標高3000mくらいまでの灌木地やサバンナに分布する2角のサイ。アジアのサイ類に比べて乾燥した場所にすむ。…

※「クロサイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロサイの関連情報