コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロサイ くろさい

1件 の用語解説(クロサイの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロサイ
くろさい / 黒犀
black rhinoceros
[学]Diceros bicornis

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目サイ科の動物。アフリカ東部から南部にかけて分布する。角(つの)を目当ての乱獲により減少し、20世紀末には約3000頭しかいなくなってしまった。体高1.4~1.7メートル。鼻上には、前後に並ぶ2本の角があり、前方のものは1.38メートルにもなった例がある。草原にすみ、樹葉が主食である。[祖谷勝紀]
『ナスカ・アイ編『いま、野生動物たちは――地球の声のネットワーク』(1995・丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクロサイの言及

【サイ(犀)】より

…かつては東南アジア全域に広く分布したが,現在はスマトラ,ボルネオなどにごく少数が生き残るのみ。クロサイDiceros bicornis(イラスト)は,アフリカの標高3000mくらいまでの灌木地やサバンナに分布する2角のサイ。アジアのサイ類に比べて乾燥した場所にすむ。…

※「クロサイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロサイの関連情報