コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスセリング cross selling

マーケティング用語集の解説

クロスセリング

顧客にたいして、顧客が希望する製品やサービスに関連するものを推奨し、購入していただくこと。
売上げ拡大手法の一つ。顧客単価を増大させるために広く行われている手法。
しかし、マーケティングが最終的に顧客との良好な関係を維持発展させることである以上、過度な押し売りにならないよう配慮が必要。よりよいサービスや高い付加価値を商品に持たせることで、顧客満足度の向上につながるクロスセリングが必要です。

出典|(株)マインズマーケティング用語集について | 情報

マーケティング用語集の解説

クロスセリング

顧客が購買する商品やサービスの延長上にある、関連商品や関連サービスを販売する技法

出典|マーケティングキャンパスマーケティング用語集について | 情報

クロスセリングの関連キーワードオーダー・プロセシング

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロスセリングの関連情報