コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロス取引 クロストリヒキ

会計用語キーワード辞典の解説

クロス取引

有価証券などを一旦売却し、あとで同じものを同数同価格で買い戻す取引。含み益のある有価証券を売却すると、売却益を計上することができる。昔は取引として認められていたが、金融商品会計基準の適用によりクロス取引は売買として扱われないことになった。それに売却益を出すことでの決算対策は、行われなくなった。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について | 情報

ワイジェイFX用語集の解説

クロス取引

ドルを介さない為替取引の事です。クロス/といえば、円を中心とした取引(ユーロ/円やポンド/円等等)を意味し、
クロス/ユーロといえば、ユーロを中心とした取引(ユーロ/円やユーロ/ポンド等)を意味します。

出典|ワイジェイFX株式会社ワイジェイFX用語集について | 情報

FX用語集の解説

クロス取引

米ドルを介さない為替取引のことです。ユーロクロスと言えば、ユーロを中心にした取引 (「ユーロ・円」や「ユーロ・ポンド」など)を意味し、円クロスといえば円を絡めた取引(「ユーロ・円」や「ポンド・円」、「スイスフラン・円」など)を意味します。

出典|(株)外為どっとコムFX用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

クロスとりひき【クロス取引】

株式の大口売買で、同一銘柄について自己の売りまたは買い注文に対し、その相手方となって売買を成立させる取引。クロス商い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のクロス取引の言及

【東京外国為替市場】より

…このような通貨当局による取引は平衡介入と呼ばれ,大蔵大臣が管理する外国為替資金特別会計の資金が用いられるが,その実務は事務委任を受けた日本銀行が行っている。このような東京外国為替市場で取引される外貨は,円を対価とする米ドル(ドル・円取引)が圧倒的シェアを有し,その他の外貨取引は米ドル対価で行われ,この種取引はクロス取引と呼ばれる。 市場取引には,直物取引,先物取引およびスワップ取引の3種類がある。…

※「クロス取引」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロス取引の関連キーワードインターバンク取引為替ディーリングクロス・レート外国為替相場クロス売買含み損相手方自己株式

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロス取引の関連情報