コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロトヴィナ krotovina

岩石学辞典の解説

クロトヴィナ

野鼠,もぐら,プレーリー・ドッグ(prairie dog),ゴーファー(gopher)など草原の動物が掘った穴で,異なった組成の土壌で埋められ動物による穴の構造をもつもの.チェルノゼムの上部層位に特徴的でごく普通に見られるので,土壌層位が完全に混合している.この土壌はkrotovina chernozemとして知られている[Robinson : 936, Gerasimov & Glazovskaya : 1965].ロシア語のkrotは,ほくろ,あざの意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

クロトヴィナの関連キーワード波羅蜜富楼那FSAカモンイス広場コメルシオ広場フィゲイラ広場プラハ城プラハの天文時計ペドロ四世広場ポンバル侯爵広場

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android