コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロバイ(黒灰) クロバイSymplocos prunifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロバイ(黒灰)
クロバイ
Symplocos prunifolia

ハイノキ科の常緑高木。南関東以西の暖地照葉樹林に生じる。高さ3~10mでときに胸高直径 30cmもの大木となる。樹皮は淡黒褐色で皮目がある。葉は1~2cmの柄で互生し,長さ3~7cmの細長い楕円形で先端は尾状に伸びる。縁には低い鋸歯が並び,葉質は厚く硬い。初夏の頃,前年枝の基部葉腋から花穂を伸ばし,多数の白花を総状につける。花柄は短く,花は径 1cm弱で梅花状,花冠は5裂して平開し,多数のおしべがある。果実卵形核果で黒く熟す。この葉の汁を黄色染料に用いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android