コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイノキ科 ハイノキか Symplocaceae

2件 の用語解説(ハイノキ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイノキ科
ハイノキか
Symplocaceae

双子葉植物カキノキ目の1科。アジアと南・北アメリカの熱帯,亜熱帯地域に2属約 500種が分布する。常緑または落葉性の高木や低木で,葉は互生し単純形で革質のものが多い。花は5数性の両性花で一般に小型,多くは多数集って総状花序をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイノキ科
はいのきか
[学]Symplocaceae

双子葉植物、合弁花類。小高木または低木。葉は互生し、単葉で常緑または落葉性。総状花序または穂状花序をつくり、多くの小花を開く。花は両性で、花冠、萼(がく)ともに五裂して放射相称。雄しべは多数、雌しべは1本。子房は下位または半下位。果実は球形または楕円(だえん)形、種皮は薄く、液質の萼筒に包まれる。種子は1個。アフリカを除く世界の熱帯から温帯に2属約500種分布する。日本には落葉性のサワフタギ節と常緑性のクロキ節、ハイノキ節のものなど19種分布する。ハイノキやクロバイは、媒染染料として知られる。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイノキ科の関連キーワードカキ(柿)双子葉植物単子葉植物被子植物主根合弁花類網状脈鈴懸の木双子葉類かきのきむら

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone