コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイノキ科 ハイノキかSymplocaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイノキ科
ハイノキか
Symplocaceae

双子葉植物カキノキ目の1科。アジアと南・北アメリカの熱帯,亜熱帯地域に2属約 500種が分布する。常緑または落葉性の高木や低木で,葉は互生し単純形で革質のものが多い。花は5数性の両性花で一般に小型,多くは多数集って総状花序をつくる。花弁は5枚 (ときに 10枚) で,基部で癒着して合弁花冠をつくる。おしべは5~15本。子房は下位で,核果となり2~5の各室に種子が1個ずつ入る。日本にはハイノキ属 Symplocos1属のみがあり,西南日本に多くの常緑性の種があるほか,北日本の落葉樹林にも少数の種がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイノキ科
はいのきか
[学]Symplocaceae

双子葉植物、合弁花類。小高木または低木。葉は互生し、単葉で常緑または落葉性。総状花序または穂状花序をつくり、多くの小花を開く。花は両性で、花冠、萼(がく)ともに五裂して放射相称。雄しべは多数、雌しべは1本。子房は下位または半下位。果実は球形または楕円(だえん)形、種皮は薄く、液質の萼筒に包まれる。種子は1個。アフリカを除く世界の熱帯から温帯に2属約500種分布する。日本には落葉性のサワフタギ節と常緑性のクロキ節、ハイノキ節のものなど19種分布する。ハイノキやクロバイは、媒染染料として知られる。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハイノキ科の関連キーワードハイノキ(灰の木)クロバイ(黒灰)クロミノニシゴリシロバイ(白灰)カンザブロウノキクロキ(黒木)サツマシジミツチトリモチトラフシジミ青花灰の木耽羅沢蓋木琉球灰の木サワフタギ広葉蚯蚓灰ミミズバイ瑠璃実牛殺勘三郎の木ハイノキシロバイクロバイ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android