コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クローズド期間 クローズドキカン

デジタル大辞泉の解説

クローズド‐きかん【クローズド期間】

投資信託で、解約できない期間のこと。一定期間(もしくは償還時まで)、換金できない期間を設けることでファンドの効率的で安定した運用を図る。設定日から、3~6か月、または1年というものが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

投資信託の用語集の解説

クローズド期間


投資信託において解約請求できない期間のこと。クローズド期間は解約による資金の減少を防いで運用の安定を図ることを目的に設けられているが、全てのファンドにあるわけではない。クローズド期間には長短あり、信託期間を通じてクローズドとなっているものもあれば、設定後の短い期間をクローズド期間としているものもある。なお、クローズド期間中であっても、受益者の死亡や天災地変その他の不可抗力により財産の大部分を滅失したとき等、特別な事由がある場合は買取請求をすることで換金できる。なお、この特別な事由は目論見書に記載されているので確認することができる。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クローズド期間の関連情報